え、これだけ?奇数/偶数の判定ロジック【Java】

  • 2019年2月23日
  • 2020年6月16日
  • Java
Javaを使って奇数と偶数を判定するのはとても簡単です。

今回は、1~10まで格納された数値の配列の要素を判定し
奇数のリストと偶数のリストにそれぞれ格納していきます。

public static void main(String[] args) {
    //数値の配列を生成
    Integer[] numArray = {1,2,3,4,5,6,7,8,9,10};
    List listOdd = new ArrayList();
    List listEven = new ArrayList();

    //配列内の数値を判定し、リストに格納
    for (int num : numArray) {
        if (num % 2 == 0) {
            listEven.add(num);
        } else {
            listOdd.add(num);
        }
    }

    System.out.println("奇数:" + Arrays.toString(listOdd.toArray()) + "\r\n"
            + "偶数:" + Arrays.toString(listEven.toArray()));
}

出力結果:

奇数:[1, 3, 5, 7, 9]
偶数:[2, 4, 6, 8, 10]